自分で治療出来る知覚過敏

自分で治療出来る知覚過敏

知覚過敏は歯科で治る

自分で治療出来る知覚過敏
歯に冷たいものが沁みるようにキーンとなってしまう知覚過敏という症状に私も悩まされていました。アイスクリームや冷たい飲み物はなるべく歯に当たらないようにして、舌で歯をブロックするようにしながら口に入れていました。私の場合どういうわけか熱いものも沁みたので、なべ物なども食べにくくなってしまいました。このままでは日常生活が困ると思い、テレビのCMでよく見る知覚過敏専用の歯磨き粉を買っていて、その日から使い始めました。歯磨き粉のホームページを見ると、嘘のように治りました、使ってすぐに効果が出ましたなど症状が改善された方のコメントがたくさん投稿されていたので、これでもう大丈夫だと安心していました。

しかし、歯磨き粉のチューブを1本使いきる頃になっても私の知覚過敏の症状は改善しませんでした。きっと一生付き合わなければならないのだろうと思い始めたある日、友人と久しぶりにお茶を飲みに行きました。前まで、熱い紅茶でもそのまま飲んでいた私が息を吹きかけて冷ましているのを見て、猫舌になったのかと友人が聞いてきました。知覚過敏がひどくて歯磨き粉でも治らなかったことを私が話すと、友人が歯科へ行けばよいと教えてくれました。簡単な処置ですぐに知覚過敏が改善するということです。
こんなに苦労しても治らないものが簡単な処置で治るわけが無いと、半信半疑で歯科を受診しました。症状を説明すると、知覚過敏ですねと言われて、歯の表面を洗浄した後、薬を刷毛で塗られ、小さなドライヤーのようなもので乾かされました。そして、これで終了ですと言われました。拍子抜けするほど簡単な処置でした。塗った薬剤は歯の表面をコーティングして歯を刺激から守るための薬で、体内に入っても少量であれば問題ないものだそうです。
その場で試しに氷水を飲まされたのですが、全く沁みませんでした。知覚過敏で悩まれている方は、歯磨き粉で頑張るよりも、歯科での1度の治療の方が簡単かもしれません。

■注目の情報

Copyright (C)2017自分で治療出来る知覚過敏.All rights reserved.