自分で治療出来る知覚過敏

自分で治療出来る知覚過敏

歯科で知覚過敏を聞いて驚く

自分で治療出来る知覚過敏
わたしは3年ほど前から歯の治療のためにある歯医者に出かけて今は治療は終わったものの、3か月に1回くらいで定期検診という形で今もお世話になっています。そしてそこの歯科衛生士の方に毎回お世話になっていますが、その衛生士の方に毎回指摘されるのは全般的には念入りにできてはいるものの、何か所か細かい部分を磨き損ねていること、そして力が入りすぎていることを何度も指摘されています。
しかしわたしは力を入れすぎるなと言われてはいるもののやはり完璧にできないために念入りにやろうとすればするほど力が入り、力を入れなければ逆に磨きそこないが増えるとい背反する矛盾な結果に苦しんでいます。そのような歯科衛生士の人にはできてもわたしがやれば背反する結果に苦しむ状況の中、話の途上で知覚過敏になっていないかと質問されてびっくりしたのです。

その話の途上で歯科衛生士さんから出てきた知覚過敏の話題ですが、そのキーワードが出てきたのはわたしが毎回力を入れすぎていること、そしてそれのために歯茎がだんだんと下がってきているということ、毎回完璧に磨けないためにわたしが2回の通常の歯ブラシとプラウトという歯ブラシの1回で磨けばいいところをさらに7という歯ブラシを使って追加していずれも歯磨き粉を使用して磨いていることで懸念を表明したのです。
というのも歯磨き粉には研磨剤が含まれていますが、それが歯をだんだんと削っていちばん外側の材質を削ってしまってその下の部分が露出してきているのではないかと心配していたのでした。幸い今の段階ではそのような兆候はまったく感じないのですが、それを聞いてびっくりしたと同時にだんだん怖くなってきている心境であります。
しかしだからといってやらないわけにもいかずそのジレンマで苦しんでいるのです。

■注目の情報

Copyright (C)2017自分で治療出来る知覚過敏.All rights reserved.