自分で治療出来る知覚過敏

自分で治療出来る知覚過敏

適切な治療方法をアドバイスしてもらえる歯科医院の知覚過敏治療

自分で治療出来る知覚過敏
この知覚過敏になるのは、加齢の場わいや歯根が汚れている時、歯ブラシなどで強く歯の表面を削ってしまっている時などになる症状です。
プラークの中の細菌によって、歯を刺激してしまってなる事もあります。歯の表面や歯茎に問題がある時になってしまう事が多いです。
知覚過敏は、歯のブラッシングの仕方を歯科医に聞いて見直す事でも改善されます。近年に多くなった粒子入りの歯磨き粉や、その成分が強すぎる歯磨き粉を使っている場わいに知覚過敏となってしまう事もあります。柔らかいブラシを使い、歯磨き粉を替えると良いです。

露出した歯根についたプラークを軽くブラッシングして落とし、システマセンシティブ歯磨き剤を使うと良いです。
歯の表面に開いてしまった穴を防ぐ成分で、刺激が伝わらないようにしてくれます。それでも改善しない時には、セメントなどを利用して穴を埋める歯根のくびれ部分を塞ぐ治療があります。歯科では、知覚過敏の治療を行っていて、歯の神経を取り除く治療も行っています。

歯ぎしりから歯の表面を削ってしまって、知覚過敏となる事もあります。そういった治療では、歯科医院ではマウスピースを使って治療しています。寝ている間などに、そのマウスピースをはめて寝るだけで、治す事が出来ます。知覚過敏は、水などの冷たい飲み物を口に入れるだけで、歯がキンキンと痛むという症状があらわれます。コーティング治療を行っている歯科医院では、レーザー照射の方法で歯を丁寧にコーティングしていきます。痛みがほとんどなく、すぐに出来る治療と人気があります。

■注目の情報

Copyright (C)2017自分で治療出来る知覚過敏.All rights reserved.