自分で治療出来る知覚過敏

自分で治療出来る知覚過敏

知覚過敏のことを歯科の先生に相談してみました。

自分で治療出来る知覚過敏
冷たい水でうがいをしたり、熱いものや冷たいものを食べるとき、また、歯磨きをする時に、歯にしみることがあります。虫歯かな?とずっと思っていたのですが、どうやら歯科で聞いてみると知覚過敏らしいです。
わたしは虫歯が多いので、歯をしっかり磨いているつもりなのですが、しみることがあり、ずっと気になっていたのです。
どうして知覚過敏が起こるのでしょうか。

これはわたしの場合なのですが、歯を磨く時にとても力が入っているようです。
振り返ってみれば、高校生の頃からとても強い勢いで歯を磨いていました。だから歯茎を傷つけたりして、歯茎が下がってしまい、本来なら歯茎で隠れ、守られている部分がむき出しになってしまったのです。
それで、歯を磨くと歯茎に守られていなければいけない部分のむき出しの歯がしみるというわけです。
それではどうやって対策をとったらよいのでしょうか。

歯科の先生に聞いてみたところ、歯を磨く時に力を入れすぎないように、と言われました。3本の歯で歯ブラシを持ち、力を入れないで優しく歯を磨きます。そうすると、歯茎が傷つかず、歯茎が下がるのを防ぐことができます。歯茎が下がらなければ、歯は歯茎で守られるわけですから、知覚過敏になりにくくなります。冷たい水でうがいをしたり、熱い食べ物や冷たい食べ物を食べても、しみる、と以前ほど感じなくなるようです。
わたいは、しみるのが辛いので、早速実践してみようと思っています。歯科の先生に知覚過敏について聞いてよかったです。

■注目の情報

Copyright (C)2017自分で治療出来る知覚過敏.All rights reserved.